関東、東北、北海道 激しい雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東、東北、北海道 激しい雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
18日午前3時の実況天気図です

18日午前3時の実況天気図です

台風7号は、きのう温帯低気圧に変わりました。ただ、この低気圧から延びる前線や、高温多湿な空気の影響が残り、関東と、東北から北海道の太平洋側はあちらこちらで雨や雷雨。局地的に非常に激しく降る恐れ。道路の冠水など、要注意。

関東以北 晴れ間が出ても油断なく 急に雨や雷雨に

北海道の北には、「台風7号から変わった低気圧」があります。この低気圧から関東にかけて、前線が延びています。下のリンク、【今朝も栃木県に記録的短時間大雨情報】にあるように、この前線や周辺の湿った空気の影響で、きょうの明け方にかけて雨雲が発達。局地的に猛烈な雨や激しい雨が降りました。
今朝8時現在、関東の雨はいったん落ち着いていますが、福島県の浜通りなど、東北の沿岸部で局地的に雨雲が発達しています。
このあとも前線や湿った空気の影響が残ります。気温の上がってくる午後は、大気の状態がいっそう不安定になる見込みです。関東と、東北の太平洋側、北海道の道東や道北では、あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発達します。急にザッと降る強い雨にお気を付けください。傘がほとんど役に立たないほどの、非常に激しい雨の降る所もありそうです。このような雨が降ると、水しぶきで見通しが悪くなったり、路面が滑りやすくなるおそれもあります。車の運転は注意が必要です。車間距離を十分にとって、急ブレーキ、急ハンドルを避け、慎重な運転を心がけてください。また、アンダーパスなど、低い所を通る道路が冠水することも考えられます。
また、きのうの台風による大雨で地盤の緩んでいる所があり、今後、少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがありますので、崖など、危険な場所には極力近づかないようにしてください。

東海以西は猛暑が続く 山沿い中心ににわか雨

東海から九州、沖縄にかけては、きょうも広く晴れて、強い日差しが照りつけます。最高気温は35度前後の所が多く、うだるような暑さが続くでしょう。連日の暑さで、疲れがたまっている方、多いと思います。適切にエアコンを使うなど、くれぐれも無理のないようにお過ごしください。午後は、山沿いを中心に、にわか雨の所がありますので、屋外のレジャーは空模様の変化に気を配りましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい