九州から東北 あちらこちらで猛暑日に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州から東北 あちらこちらで猛暑日に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
      

      

5日、全国的に強い日差しが照りつける。九州から東海に加え、関東、北陸、東北も、うだるような暑さに。予想最高気温は、東京と福井と盛岡で35度、福島で37度など、猛暑日の地点が続出しそう。

熱中症に警戒を 山沿いは夕立も

きょう5日の日中、高気圧に覆われて、九州から北海道にかけて晴れ。
最高気温は、西日本や東海はきのうと同じくらいで、広い範囲で35度前後。関東、北陸、東北はきのうよりも上がり、東京は35度と、およそ1か月ぶりの猛暑日か。福井と盛岡35度、山形36度、福島37度など、北陸や東北にかけても所々で35度以上に。
北海道は猛暑日の所はなさそうですが、帯広31度など、内陸を中心に30度以上の真夏日の予想。
各地、厳しい暑さです。日陰をうまく利用したり、ノドが渇く前に少しずつ水分を摂るなど、熱中症対策を万全に。また、めまいや頭痛など、少しでも体調に変化があったら、無理をせずに涼しい所で休憩をとるようにしましょう。室内でも熱中症になる危険性がありますので、扇風機やエアコンを適切に利用するなど、できるだけ体に負担をかけないようにお過ごしください。
なお、気温の上がる午後は、大気の状態が不安定になります。きのうまでのように広い範囲ではありませんが、山沿いや内陸部では局地的に雨雲や雷雲が発達しそうです。屋外のレジャーは、暑さに加え、空模様の変化にもご注意ください。

体に堪える暑さ 土日をピークにお盆の頃まで

土曜日、日曜日にかけても、広い範囲で猛烈な暑さが続くでしょう。日曜日は、北海道も気温がグンと上がって、内陸部では35度くらいまで上がる所もありそうです。月曜日以降、猛暑日地点は若干減る予想ですが、それでも、この先1か月ほど、全国的に気温が平年より高い見込み。特にお盆の期間にかけて、北海道を除くすべての地域で気温が平年よりかなり高くなる可能性があるとして、気象庁が「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表しています。
体に疲れがたまっていると、熱中症になる危険性が高くなりますので、できるだけ睡眠時間を確保したり、栄養をしっかり摂るなど、体調管理を心がけてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい