北海道の1ヶ月は、空気がムシムシ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道の1ヶ月は、空気がムシムシ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
地域ごとの天気

地域ごとの天気

暖かく湿った空気の出どころ

暖かく湿った空気の出どころ

家庭菜園のししとう 

家庭菜園のししとう 

28日、札幌管区気象台は北海道地方の1ヶ月予報を発表しました。
向こう1ヶ月は、気温が平年より高めの日が多く、お盆を過ぎても暑さは残りそうです。8月になると、日本海側とオホーツク海側では晴れる日が多くなりますが、太平洋側では雲の広がる日が続きそうです。

週ごとの天気傾向

●1週目 (7/30~8/5)
大雨のあとも、前線や湿った空気の影響で、31日頃までは広く雨が残るでしょう。8月に入ると、日本海側とオホーツク海側を中心に天気が回復し、2日以降は晴れる所が多くなりそうです。一方、太平洋側は曇り空が続くでしょう。
●2週目 (8/6~8/12)
日本海側とオホーツク海側は、日差しが多く厳しい暑さとなったり、雨が降っても気温が高く蒸し暑い日があるでしょう。太平洋側は引き続き、曇りの日が多くなりそうです。
●3週目と4週目 (8/13~8/26)
数日の周期で、晴れたり雨が降ったりする見込みです。8月下旬にかけても暑さが続く予想のため、夏バテ対策や熱中症対策は継続した方がよさそうです。

ムシムシ空気は南から

この夏は、日本の東から高気圧が張り出すことが多くなりそうです。北海道には南の海上から、暖かく湿った空気が流れ込みやすくなります。そのため、蒸し暑かったり、曇っていてもジットリと暑い日がありそうです。特に、8月下旬あたりはこのパターンになることが増える予想のため、残暑となりそうです。

もうすぐ日差しが戻る。

雨が続く北海道。家庭菜園のシシトウも雨に濡れています。でも、来週後半(8/2)あたりから晴れる日が多くなりそうです。夏バテ対策に、夏野菜を食べるもよいかもしれませんね。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい