奈良と香川に記録的短時間大雨情報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

奈良と香川に記録的短時間大雨情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
図をクリックして、最新の雨雲レーダーへ!

図をクリックして、最新の雨雲レーダーへ!

5日夕方、猛烈な暑さとなった西日本では山沿いを中心に積乱雲が発達をしています。奈良県の川上村付近で約100ミリ、香川県のまんのう町付近で約90ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。以下、詳しい内容です。5日夕方、猛烈な暑さとなった西日本では山沿いを中心に積乱雲が発達をしています。奈良県の川上村付近では約100ミリの雨が降ったとみられ、午後5時17分に記録的短時間大雨情報が発表されました。これに続き、香川県のまんのう町付近で約90ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、午後5時19分に記録的短時間大雨情報が発表されました。
大気の状態が非常に不安定となっていて、山沿いあちらこちらで雨雲が発達をしています。
引き続き、局地的な猛烈な雨による土砂災害や、河川の増水、低い土地の浸水に警戒が必要です。
また、落雷、竜巻などの突風にも注意が必要です。
危険を感じたら早めに避難しましょう。

記録的短時間大雨情報とは

数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測または、解析した場合に発表します。発表の基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に決めています。この情報は、今降っている雨がその地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることをお知らせするために発表するものです。このため、大雨を観測した場所や地点名を明記しています。
この情報が発表されたときは、お住まいの地域で、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを意味します。地元自治体の発表する情報にご注意いただき、早めの避難を心がけてください。
避難場所まで移動することが危険だと判断される場合は、お近くのより安全な場所や建物へ移動したり、それさえ危険な場合は、緊急に2階以上の少しでも安全な場所へ垂直避難するなど、命を守るための行動を考えてください。

東京都心にも雨雲接近

東京都心にも雨雲が迫ってきています。降り方としては、4日の夕方のように雷雨や激しい雨が降るほどではありませんが、夜は傘が必要な所が出てくる見込みです。短い時間で、午後8時までには遅くとも止むでしょう。
山梨県から、埼玉県付近にはすでに活発な雨雲がかかっていますので、雨の降り方にもご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい