北海道と東北 暴風 土砂災害に警戒

tenki.jp
日本海を急速に発達しながら北東へ進んでいる低気圧の影響で、北海道と東北は今日の昼過ぎにかけて荒れた天気になりそうです。暴風や大雨による土砂災害に警戒して下さい。日本海で急速に発達している低気圧が北海道と東北地方に近づいています。
現在、東北北部と北海道南西部には広く雨雲がかかっていて、沿岸部を中心に強い風が吹いています。
今後の見通し
低気圧は発達しながら北上を続けて、きょうの昼頃には北海道の西へ進むでしょう。

東北 太平洋側 土砂災害に警戒

午前中は広く雨が降る見込みです。
北部を中心に激しい雨が降り、大雨になる所があるでしょう。
大雨による土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、川の増水に注意して下さい。

東北 日本海側 暴風と土砂災害に警戒

午前中は雨や雷雨の所があるでしょう。
日本海側では風にも警戒が必要です。
きょうの昼過ぎにかけて、海上を中心に暴風となるでしょう
土砂災害に加えて、暴風にも警戒して下さい。

北海道 暴風と土砂災害に警戒

日本海側南部ではさらに風が強まりそうです。
昼前から昼過ぎにかけて最も強まるでしょう。暴風に警戒して下さい。
瞬間的には、何かにつかまっていないと立っていられないほどの非常に強い風が吹く見込みです。
外出はなるべく避けたほうがよいでしょう。
また、局地的に大雨になるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水に警戒して下さい。
北海道では午後も所々に雨雲がかかる見込みです。南部だけでなく、局地的に激しい雨が降るでしょう。
夕方にかけて大雨による低い土地の浸水、川の増水に注意が必要です。
また、大気の不安定な状態が続きますので、落雷や突風、急な激しい雨にも注意して下さい。
※6月16日に発生した地震で、揺れの大きかった地域では地盤の緩んでいる所があります。
土砂災害には十分注意して下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック