口永良部島 噴火警戒レベル引き下げ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

口永良部島 噴火警戒レベル引き下げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

2015年5月29日、爆発的な噴火が発生した鹿児島県の口永良部島。およそ1年後の2016年6月14日、噴火警戒レベルが5(避難等が必要な最大級のレベル)から3(入山規制)に引き下げられました。

警戒レベルは5(避難)から3(入山規制)へ

2015年5月29日に噴火警戒レベルを5に引き上げた鹿児島県の口永良部島について、
火山噴火予知連絡会において「口永良部島では、引き続き、噴火の可能性がありますが、昨年(2015年)5月29日と同程度の噴火が発生する可能性は更に低下していると考えられます」という見解が出されました。
これを受け、気象庁は2016年6月14日、噴火警戒レベルが5(避難等が必要な最大級のレベル)から3(入山規制)に引き下げ、警戒が必要な範囲も火口から概ね2キロに縮小されました。
また、噴火による影響が海上まで及ぶ恐れがなくなったことから、火山現象に関する海上警報も解除されました。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい