熊本 今夜から日曜の朝 雷雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

熊本 今夜から日曜の朝 雷雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#地震
図でわかる九州の天気傾向と注意点

図でわかる九州の天気傾向と注意点

今夜(16日)から西日本は雨。九州も明日(17日)の朝にかけて局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の滝のような雨。何かに掴まらないと立っていられない程の強い風。きょう(16日)の日中は広く晴れますが、夜には西から低気圧や前線が近づいてきます。
九州や中国、四国ではきょう(16日)の夜から雨が降り出し、次第に雨脚が強まります。
風も強くなるでしょう。特にあす(17日)は地震の被災地も雷を伴い激しい雨の降る恐れがあります。
【予想される雨の強さ】
局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨
※1時間に50ミリ以上とは・・・
滝のようにゴーゴーと降る降り方。水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなることがあります。
【予想される雨量<~あす(17日)朝6時まで>】
九州北部(熊本、大分を含む)150ミリ、九州南部120ミリ
地震で揺れの大きかった地域では、少ない雨でも土砂災害の発生する恐れがあります。
土砂災害に厳重に警戒してください。
【予想される風の強さ】
最大風速20メートル、最大瞬間風速35メートル
※何かに掴まらないと立っていられない程の非常に強い風。細い木の幹が折れたりする危険性もあります。
活発な雨雲がかかるときには、竜巻のような激しい突風を伴うこともあるため、注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい