今週の天気 冬の嵐 後 春本番の陽気

tenki.jp
あす29日から3月1日にかけ、全国的に風が強まり、北海道は猛吹雪の恐れ。平地に雪を降らせるような強い寒気が九州南部まで流れ込んできて、各地で厳しい寒さに。週の後半は気温がグンと上がり、春本番の陽気に。

月曜日から火曜日 厳しい寒さ 北日本中心に大荒れ

29日(月)は低気圧が「急速に」発達しながら本州付近を通過し、北海道へと進みます。3月1日(火)にかけて冬型の気圧配置となり、「降れば雪」というような強い寒気が九州南部まで流れ込みます。
月曜日は、北海道は雪やふぶき。特に、夕方以降は非常に強い風が吹いて、猛吹雪になる所も。
そのほかの各地も、広く傘が必要に。午前中は暖かい南風でいったん気温が上がるため、広く雨。
ただ、西から冷たい北風が強まり、気温が下がってきます。夕方以降は九州北部も含め、日本海側は雪になる見込みです。
火曜日も、北海道は、引き続き大雪や猛吹雪に警戒が必要です。そのほか、本州の日本海側も広く雪で、風も強く、ふぶく所も。太平洋側はおおむね晴れますが、朝の通勤の時間帯にかけては、東海や、西日本の太平洋側で、一時的に雪の降る所があるため、路面の凍結などご注意下さい。全国的に昼間も気温はあまり上がらず、寒い。最高気温は、北海道は0度以下。東北や北陸は5度前後。関東から九州も10度に届かない所が多い(特に西日本で寒さが厳しい)。那覇で16度など、沖縄も真冬の寒さ。北風の冷たさで、いっそう寒く感じられそうです。

「ひな祭り」から グッと春めく

2日(水)は冬型の気圧配置が次第に緩み、3日(木)から5日(土)にかけて、日本付近は高気圧に覆われる見込みです。
水曜日は、北陸から北は日本海側を中心に雪の所もありますが、降り方は弱まってきます。関東から西は晴れて、寒さもいくぶん和らぎそうです。
木曜日(ひな祭り)は北陸から北の雪も次第に止んで、広い範囲で晴れそう。気温はグンと上がります。最高気温は北海道は5度前後と、凍える寒さから解放されそう。東北と北陸は10度を超える見込み。関東から西は15度を超える所が多く、春の装いで過ごせそう。各地、朝晩の冷え込みも、緩む見込みです。
金曜日と土曜日も、北海道から九州にかけて、穏やかに晴れて、春本番の陽気が続きそう。
沖縄は曇り空ですが、寒さはなさそうです。

日曜日 春の雨

高気圧は日本の東へ離れ、気圧の谷が近づいてくる見込み。天気は西から下り坂となりそうです。
沖縄や九州、中国、四国は朝から雨で、雨の範囲は次第に広がります。
全国的に南寄りの風が吹くため、気温は高く、北海道も雪ではなく雨の所が多くなりそう。雪解け水と雨水で、川の水かさが急に増す危険性があります。また、山は、雪崩や土砂災害にいっそうの注意が必要です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック