土曜 北日本は荒れた天気が続く

tenki.jp
紅葉情報(クリックすると見頃スポットが見られます)
拡大写真

紅葉情報(クリックすると見頃スポット...

4日は全国的に風が強まり、暴風が吹き荒れた所もありました。5日は、北海道や東北の日本海側を中心に荒れた天気となりそうです。雪を伴うため、交通への影響にも注意が必要です。4日は、山形県酒田市や石川県羽咋市、島根県の隠岐空港など、広い範囲で、瞬間的に30メートルを超える暴風が吹きました。
アメダスで「今季最も強い最大瞬間風速」を観測したところも100地点を超え、風の強い一日となりました。
5日も、北海道や東北の日本海側、北陸で暴風が吹く見込みです。(上の図)
北海道は5日朝まで、東北は5日いっぱい、暴風に警戒してください。
雪も伴うため、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に注意が必要です。
ふぶきの中では、車間距離を十分とり、ヘッドライトをつけるなどして、いつも以上に安全運転を心がけてください。
また、交通機関に遅れや運休が出る可能性もありますので、お出かけの前に確認を。
北陸では、暴風が吹くのは明け方までの見込みですが、日中も風の強い状態は続くでしょう。
大気の状態が不安定になるため、カミナリを伴った雨や雪、突風にも注意してください。

太平洋側 紅葉狩り日和に

一方、関東から九州の太平洋側は晴れ間が広がり、強い風もおさまる予想。
寒さが和らぐ所が多いでしょう。日差しの下では、ポカポカと暖かく感じられそうです。
なお、4日、東京都心ではイロハカエデの紅葉が観測されました。
(平年より7日遅く、昨年より9日遅い観測です)
12月に入りましたが、関東から西の太平洋側では、まだ紅葉が見ごろとなっています。
晴れる所では、青空と赤や黄色に色づいた紅葉のコントラストが楽しめそう。
お出かけを考えている方は、下のリンク「紅葉情報」を参考になさってくださいね。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック