本格的な冬に突入?寒さいつまで

tenki.jp
最高気温の推移
拡大写真

最高気温の推移

27日は、西日本を中心に広く12月並みの気温となりました。沖縄では真冬並み、高知ではお正月ごろの寒さに。このまま本格的な冬に突入し、さらに寒くなっていくのでしょうか?

27日 西日本は冬の寒さ

27日は、西日本の上空に強い寒気が流れ込み、日中も気温があまり上がりませんでした。
那覇は18度7分で、真冬並み。高知は12度7分で1月上旬並みと、この時期としては寒い一日となりました。
一方、関東から北では平年並みか少し低い程度。
東京では、風が吹くと冷たく感じられたものの、昼間は日差しの暖かさにホッとすることもできました。

今後一週間 気温はどうなる?

では、28日土曜以降の予想最高気温を見てみましょう。(下の図)
那覇は、この寒さは一時的なものといえるでしょう。
28日には平年並みに戻る見込み。29日以降は、最高気温が25度以上となり、夏日となる日もありそう。
再び日中は半袖で過ごすことができそうです。
福岡も、だんだん気温が平年並みに戻るでしょう。30日以降は、16~17度くらいで推移する見込み。
日差しがある来週前半は、昼間は薄い上着で十分です。
東京は、14~15度くらいの日が多く、この時期らしい気温といえそう。
ただ、30日は冷たい雨が降り、北東の風が吹いて、昼間も寒く感じられるでしょう。
札幌は、4~5度くらいで推移し、平年並みの予想です。
ただ、3日は8度まで上がり、この時期にしては暖かく感じられそうです。
各地とも、今後一週間は厳しい寒さはない見込み。
ただ、この時期は、同じ気温でも「日差しがあるか」「風が吹くか」「雨が降るか」によって、体感温度が大きく変わります。
出かける前には最新の天気予報をチェックして、天気に合わせた服装を心がけましょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック