晩秋の寒気近づく 北海道は平地で雪も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

晩秋の寒気近づく 北海道は平地で雪も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

この先、寒気の影響を受けるでしょう。12日体育の日にかけて、北海道と東北の日本海側と北陸は曇りや雨の天気。連休明けは北海道に晩秋並みの寒気が流れ込み、平地でも雪の積もる所があるでしょう。

~12日 上空に寒気が流れ込む

12日にかけて低気圧と前線が北海道を通過するとともに、上空に寒気が流れ込むでしょう。
北海道と東北の日本海側、北陸は雨の降る、ぐずついた天気が続く見込みです。
特に北海道では大気の状態が不安定です。落雷や竜巻などの突風が吹いたり、ひょうが降る恐れがあります。

連休明け 晩秋並みの寒気

連休明けの13日、大陸に控えている次の寒気が日本列島に流れ込むでしょう。
北海道の上空では11月中旬並みの寒気となり、13日から14日にかけて日本海側北部を中心に雪が降る見込みです。平地でも雪の積もることもあるでしょう。
連休明けの北海道は積雪や路面の凍結で交通に影響が出ることもありそうです。
また、この寒気が秋を深める見込みです。

気温は平年並み

この先の気温を見ると、広く平年並みの予想です。季節の進みは順調で、紅葉の色づきがいっそう進むでしょう。
●北海道
引き続き朝は霜が降りるほど冷える所もありそうです。夜は暖かくして、お休みください。13日は日中も気温が一桁。お出かけには冬のコートが必要になりそうです。
●東北、関東
昼間は20度前後まで上がりますが、朝晩は冷えるでしょう。12日以降は内陸を中心に朝の気温が10度を下回る所が多くなりそうです。
●東海、北陸から九州
12日以降は朝の気温がグッと下がるでしょう。体を冷やして体調を崩さないよう、お気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい