九州北部 今朝は猛烈な雨 今後も警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州北部 今朝は猛烈な雨 今後も警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

12日、九州北部では局地的に猛烈な雨が降り、このあとも大雨となるおそれがあります。12日昼過ぎにかけて警戒してください。九州北部は、東シナ海を進む低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっています。
今朝は長崎県で、6時までの1時間に五島市付近や新上五島町付近で約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、50年に一度の記録的な大雨となりました。
長崎県では降り始めからの雨量(11日23時~12日11時)が大村201.5ミリ、長崎市長浦岳193ミリなど200ミリ近くになっている所があり、土砂災害警戒情報が発表されている地域もあります。雨雲の様子を見ると、この時間、長崎県や熊本県を中心に赤い表示があり、発達した雨雲がかかっていることがわかります。 長崎県や佐賀県、熊本県は昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴って猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に厳重に警戒してください。
また、落雷や竜巻などの激しい突風が発生するおそれがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがあったら、速やかに建物の中に移動し、身の安全を確保してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい