台風9号 沖縄本島地方で猛烈な風 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風9号 沖縄本島地方で猛烈な風

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
2015年07月09日23:45発表

2015年07月09日23:45発表

沖縄本島地方では風速30m/s以上の猛烈な風が吹いています。9日午後11時40分頃 糸数(イトカズ)では、瞬間で47m/sの突風を観測しています。台風9号は10日明け方にかけて暴風域を伴って沖縄地方に接近する見込みです。暴風や高波に厳重に警戒して下さい。台風の位置(9日23時16分発表)
大型で非常に強い台風9号は、勢力を維持しながら沖縄本島の南海上を時速25キロ(自転車くらいの速度)で北西へ進んでいます。
沖縄本島は暴風域に入り、9日午後11時40分頃、糸数(イトカズ)では立っていられないほどの猛烈な風が吹きました。

今後、台風9号は勢力を維持しながら北西へ進み、沖縄本島地方は明け方にかけて、先島諸島は朝から昼前にかけて最も接近する見込みです。台風は動きが遅いため、暴風域(25m/s以上)や強風域(15m/s以上)のエリアに長い時間入る見込みです。
【警戒・注意】
暴風
沖縄本島地方では10日昼過ぎにかけて、先島諸島では10日夜にかけて暴風が続く見込みです。厳重に警戒して下さい。
高波
沖縄本島地方と宮古島地方では、猛烈にしけており、八重山地方と大東島地方では大しけとなっています。海上や沿岸部では高波に厳重に警戒して下さい。
高潮
沖縄本島地方と宮古島地方では明け方にかけて、浸水や冠水に厳重に警戒して下さい。
大雨
沖縄本島地方では、10日の夜にかけて1時間に60ミリ、先島諸島では1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、川の増水やはん濫に警戒して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい