8日月曜日の天気傾向 雨の時間帯は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

8日月曜日の天気傾向 雨の時間帯は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

九州の南海上にある梅雨前線は、8日(月曜日)にかけて九州北部まで北上してくる見込みです。西から次第に雨の範囲は広がり、非常に激しい雨が降る所もあるでしょう。

九州南部は朝から雷雨の所も

前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になるでしょう。
九州南部を中心に、非常に激しい雨や竜巻など激しい突風、落雷の恐れがあります。
奄美地方など既にまとまった雨の降っている所では少しの雨でも低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害などに十分注意してください。
九州南部では、夕方6時までの24時間降水量が多い所で130ミリも達する見込みです。

昼頃にかけて雨の中心は西日本

昼前後には九州から近畿地方にかけて広く雨雲がかかるでしょう。九州だけでなく、四国・中国地方でもカミナリを伴って雨脚の強まる所がある見込みです。風が強まり、どしゃぶりの雨になることもあるでしょう。

お帰りの時間帯によっては傘の準備を

近畿地方は夜に激しい雨や雷雨の恐れがありますので、できるだけ早めの帰宅を心がけるとよさそうです。
東海も夕方から夜にかけて雨の範囲が広がるでしょう。
関東甲信や北陸は夜遅くにかけて次第に雨雲がかかる見込みです。
帰宅の時間が遅くなる方は傘を用意しておくと安心です。
なお、9日(火曜日)にかけても、関東から九州の太平洋側を中心に激しい雨や大雨となる恐れがあります。引き続き最新の情報をこまめにご確認ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい