弥生3月。大地の潤いに草木出づれば、花は咲き鳥は歌い始めます

2021/03/01 09:00

雪解けの水をたっぷり吸った大地が脈打てば、草は萌え、木々は芽吹き、百花はいっせいに開き始めます。木の芽や花を狙った鳥たちも賑やかに声をはりあげ活動開始。草木のいよいよ生い栄えるゆえに「弥生」となったと伝えられています。風が温かさを運べば自然とともに人間も活き活きと動きたくなりますよね。まさに恵風、万物を成長させる恵みの風。3月はそんな風が吹く月。成長から巣立ちへ、寂しさも喜びへ変えていけるのが弥生です。

あわせて読みたい

  • 弥生、三月。いよいよ春の始まり、新たな季節がめぐってきます!

    弥生、三月。いよいよ春の始まり、新たな季節がめぐってきます!

    tenki.jp

    3/1

    今日から3月「弥生」。春を迎え、水温むころ

    今日から3月「弥生」。春を迎え、水温むころ

    tenki.jp

    3/1

  • そろそろお雛様を飾りたい…いつ飾る? どう飾る?

    そろそろお雛様を飾りたい…いつ飾る? どう飾る?

    tenki.jp

    2/7

    二十四節気「啓蟄(けいちつ)」は春のめざめ。母なる大地は水とともに命を育みます

    二十四節気「啓蟄(けいちつ)」は春のめざめ。母なる大地は水とともに命を育みます

    tenki.jp

    3/5

  • コンパクトなだけじゃない!「つるし雛」の魅力ご存知でしたか?

    コンパクトなだけじゃない!「つるし雛」の魅力ご存知でしたか?

    tenki.jp

    3/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す