すももとプラムは同じもの? 違うもの? プルーンは仲間? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

すももとプラムは同じもの? 違うもの? プルーンは仲間?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
西洋すももをプルーンとよぶ。最盛期は9月。

西洋すももをプルーンとよぶ。最盛期は9月。

ネクタリンの皮には産毛がないけれど、桃の仲間

ネクタリンの皮には産毛がないけれど、桃の仲間

ソルダムの旬はちょうど今ごろ。

ソルダムの旬はちょうど今ごろ。

梅雨の時期から旬がはじまるすもも。今年はもう食べましたか? すももではなく、プラムなら食べた、という人もいるのでは。ところで、すももとプラム、よび方はまったく違いますが、これって同じもの? それとも違うもの? 似たようなものにプルーンがありますが、これはすももの仲間? 今回は、わかるようでわかっていなかった、すももとプラムとプルーンの関係について考えてみます。


日本すもも=すもも=プラム、西洋すもも=プルーン、と区別している

すももはバラ科の果実です。中国原産のすももが「日本すもも」、コーカサス原産のすももが「西洋すもも」と、原産地によって2種類に大別されます。

すももの英名はJapanese plumなので、plum(プラム)ともよばれます。また、仏名はpruneなので、プルーンともよばれます。したがって、すももは、プラムとよんでもプルーンとよんでもいいことになります。

ところが日本では、丸い日本すもものほうをプラム、ちょっと細長い紫色の西洋すもものほうをプルーンとよんで、なんとなく区別しているようです。

つまり、私たちがすももとよんでいるものは日本すもものことで、これをプラムともよび、プルーンとよんでいるものは、紫色の細長い西洋すももである、という図式が成り立ちます。

どちらもすももには違いありませんが、片方を英名でプラム、もう片方を仏名でプルーンとよんで区別するなんて、とても効率的でわかりやすいと感じるのは筆者だけでしょうか。


プラムもプルーンも多くの品種がある。プルーンはドライでも人気

私たちがすももとよぶ、いわゆる日本すももには多くの品種があります。

日本でもっとも多く生産されているのが、大石早生(おおいしわせ)という品種です。果汁が多くてジューシー、酸味が強く、お尻のほうが少しとがった形をしています。次に多いのがソルダム。アメリカで交配されたすももで、大石早生よりもひと回り大きく、果肉が赤いのが特徴です。そのほかにも、太陽、貴陽、サンタローザなどの品種があります。

一方、プルーン、いわゆる西洋すももにもいくつもの品種があります。プルーン全体を見ると、長野県でもっとも多く生産され、サンプルーン、シュガープルーン、スタンレイなどが栽培されています。生のプルーンは味が濃くてジューシー。それだけでも美味ですが、ドライプルーンとしても広く出回っています。


「すももも桃も桃のうち」という早口言葉は、間違い?

ところで、「すももも桃も桃のうち」という有名な早口言葉があります。子どものころは何も考えずに速さを競って唱えていましたが、大人になって、すももと桃をよく見たり味わったりしてみると、皮に毛があるかないか、果肉が甘いか酸っぱいかなどの違いがわかり、どうもすももは桃の仲間ではないように思えます。

事実、すももと桃はどちらもバラ科ですが、細かく分けると違う仲間です。桃には皮に産毛がありますが、すももの皮はツルツルしています。大きさを見ても、すももは桃よりもふた回りほど小さいです。

さらに、すももというよび名の語源が、酸っぱい桃→酸い桃→すもも、というふうに変化したといわれています。確かに味を考えても、桃よりもすもものほうが、ずっと酸っぱいですね。

というわけで、結論です。すももは、「桃のうち」ではありません。



参考

『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』高橋書店

旬の食材百科:スモモ/プラム

丸果石川中央青果:果実の知識 スモモ今回は、すももとプラムとプルーンの関係について調べてみました。この記事のタイトル「すももとプラムは同じもの? 違うもの?」という疑問ですが、その答えは、同じもの、ということになります。そして、「プルーンは仲間?」という疑問の答えは、プルーンはすももの仲間というよりは、すももそのものです、ということになりますね。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい