武蔵野は十一月の欅かな—初冬の歳時記を楽しむ

2019/11/21 20:30

俳句の世界では初冬の期間は立冬から大雪の前日までを指し、今年は、先日の11月8日から12月6日までとなります。地域にもよりますが真冬の厳しさにはまだ間があり、朝晩の冷たく引き締まった空気は、心地良くもありますね。そんな初冬の季節感たっぷりの俳句を、いくつかご紹介します。

あわせて読みたい

  • 二十四節気「立冬(りっとう)」~冬がはじまるよ…の合図

    二十四節気「立冬(りっとう)」~冬がはじまるよ…の合図

    tenki.jp

    11/7

    小春日和は、春の季語じゃない! 日本人なら知っておきたい、美しい季語

    小春日和は、春の季語じゃない! 日本人なら知っておきたい、美しい季語

    BOOKSTAND

    11/24

  • 「立冬」もう冬なの!? それなら明るい冬の始まりを探したい!

    「立冬」もう冬なの!? それなら明るい冬の始まりを探したい!

    tenki.jp

    11/7

    季語に見る新年の歳時記の妙~「小正月(こしょうがつ)」ほか

    季語に見る新年の歳時記の妙~「小正月(こしょうがつ)」ほか

    tenki.jp

    1/15

  • 「霜月」なりました。『歳時記』を手に晩秋を豊かに楽しもう!

    「霜月」なりました。『歳時記』を手に晩秋を豊かに楽しもう!

    tenki.jp

    11/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す