動画でみる「〇〇ミリの雨ってどんな雨?」

tenki.jp
tenki.jpラボでは、気象庁が定義する雨の強さのレベルを参考に7つの動画を制作しました。 【tenki.jp雨の降り方動画】非常に激しい雨(50ミリ以上80ミリ未満) tenki.jpラボが実施したゲリラ豪雨イメージ調査(番外編)で7割以上の方が過小評価をしていた「1時間あたり50ミリ~80ミリの強さの雨」の動画です。 Youtube:URL https://www.youtube.com/watch?v=vSQNFIzHAE0 1時間降水量が50ミリ以上80ミリ未満の場合、「非常に激しい雨」と表現されます。ゴーゴーと滝のように降り、傘は役に立たなくなります。 なお、動画撮影時は無風の状態です。この雨に少しでも風が加わると、傘があおられたり、歩きづらかったり、視界が悪くなったりします。 【tenki.jp雨の降り方動画】猛烈な雨(80ミリ以上) 続いて、1時間あたり80ミリ以上の強さの雨の動画です。 Youtube:URL https://www.youtube.com/watch?v=S66BJQyzQxw 1時間降水量が80ミリ以上になると「猛烈な雨」と表現されます。恐怖を感じるような降り方で、息苦しさを感じる人もいるかもしれません。 なお、動画撮影時は無風の状態です。この雨に少しでも風が加わると、さらに状況は悪化します。 そのほかの動画はこちら ■動画1『やや強い雨(10ミリ以上20ミリ未満)』 Youtube:URL https://youtu.be/isXhSyipvRw ■動画2『強い雨(20ミリ以上30ミリ未満)』 Youtube:URL https://youtu.be/WpoHrlgAAyE ■動画3『激しい雨(30ミリ以上50ミリ未満)』 Youtube:URL https://youtu.be/YZsFKFe16ew ■動画4『非常に激しい雨(50ミリ以上80ミリ未満)』 Youtube:URL https://youtu.be/vSQNFIzHAE0 ■動画5『猛烈な雨(80ミリ以上)』 Youtube:URL https://youtu.be/S66BJQyzQxw ■動画6『平成29年九州北部豪雨と同程度の雨(130ミリ相当の雨)』 Youtube:URL https://youtu.be/7w-5cHFf_so ■動画7『昭和57年7月豪雨(長崎豪雨)と同程度の雨(160ミリ相当の雨)』 Youtube:URL https://youtu.be/kgAA9s8dJ48 撮影協力:公益財団法人 鉄道総合技術研究所 次のページへ【ゲリラ豪雨から身を守るために<気象予報士コラム>】>>

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック