ラマダン(断食)時期、イスラム教徒の食生活って?

2016/06/06 16:30

ラマダンとは、イスラム暦の9番目の月(今年は6月6日頃から7月5日頃)。 預言者ムハンマドが神からの啓示を授かった、神聖な月とされています。 このラマダン月に行われるのが「断食」。食べ物のありがたみを知る、貧しい人の境遇に思いを馳せる、忍耐強さを身に着ける、信仰心を高める……など、断食にはさまざまな意味がこめられています。 とはいえ、何も飲み食いをしないわけにはいきません。日没から夜明けまでの間に食事をするのですが、いったいどんな食生活になってしまうのでしょうか? 今回は、ラマダン・グルメ(?)のお話をお届けします。

お祝い事であり、大切な宗教行事でもあるラマダン
お祝い事であり、大切な宗教行事でもあるラマダン
そもそも「ラマダン」ってどんな行事? 今年(2016年)のラマダンは、6月6日頃から7月5日頃まで。肉眼で新月を確認した上で発表されるため、正式な日付けは当日にならないと判明しません。ドバイでは、月を観測する委員会が組織され、ラマダンの開始日と終了日を発表しているとのこと。 イスラム教を信じる人びとにとって、ラマダンはお祝いごとであり、大切な宗教行事。 家族やコミュニティとの連帯を高める時期、寄付やチャリティが盛んにおこなわれる時期でもあります。 断食をするのは、何時から何時まで? 断食をするのは、日の出から日の入りまで。より正確に言うと、夜明け前のお祈りの時間(ファジュル)から、日没時のお祈り(マグリブ)までです。 この夜明け前にとる食事を「スフール」、日没後にとる食事を「イフタール」と呼びます。 断食が明けてすぐの食事であるイフタールには、まずは水やジュース、スープなどの水分、それに栄養価が高いデーツ(ナツメヤシの実)、ゆで卵、お菓子などの軽食などをとります。 その後で、揚げものや甘いものをふんだんに盛り込んだ豪華な食事を、家族や友人と楽しむのです。 小さな子どもや、病気の人、妊娠中の人などは、断食をしません。日没後に食べる料理を昼間のうちに調理する場合、子どもが「味見」をしたりするのだそうですよ。
断食明けにはまずデーツ(ナツメヤシの実)を
断食明けにはまずデーツ(ナツメヤシの実)を
日没後のビュッフェ・イベントが大人気! 近年、人気を集めているのが「イフタール・ビュッフェ」。ホテルやレストランで開催される、伝統料理を楽しめる食べ放題イベントです。 ホテルの中庭やプールサイドなどには、アラビア風の装飾を施した「ラマダン・テント」が登場。シーシャ(水たばこ)やアラビアコーヒー、音楽の生演奏などを楽しめます。 ラマダンの時期は、お店やショッピングモールなどは夜遅くまで営業時間を延長したり、「ラマダン・セール」を開催することもあるのだとか。 ホテルなどのレストランは、外国人向けに日中も一部営業、テイクアウトメニューを用意しているところもあります。
観光客も楽しめるイフタール・ビュッフェ
観光客も楽しめるイフタール・ビュッフェ
ラマダン明けは、日本でいうお正月? ラマダンが終わると、断食明けのお祭り(レバラン)。レバラン前後は多くの国で休日になり、人びとは礼拝に行ったり、服を新調したり、大掃除をしたり……。なんだか、日本の年末年始に似ていますね。 お中元やお歳暮のように、レバランに贈り物をし合う習慣もあるようですよ。 レバランに付き物の食べ物もたくさんありますが、代表例はクッキーのような焼き菓子。 たくさん作って家族で食べたり、お客さまをもてなしたりします。 ヨルダンでは、デーツの餡を包んで焼いた「マァッムール」というクッキーを。 インドネシアでは、鶏肉のココナツミルク煮や、ドドルと呼ばれる甘いお菓子を食べるのが定番だそうです。 「営業時間の変更(短縮)」など、生活への影響も多いラマダン。でも、どんな行事なのかを知っておけば、観光客でもラマダンならではの雰囲気を味わえそうです。 日本にもイスラム教徒の方々が暮らしています。まずは身近な「食べ物」を知ることで、異文化に接してみるのもいいですね! 参考:「るるぶドバイ(2014)」(JTBパブリッシング) サカイ優佳子・田平恵美編「ポプラディア情報館 世界の料理」(ポプラ社) 銀城康子「絵本世界の食事 インドネシアのごはん」(農山漁村文化協会)

あわせて読みたい

  • あなたの知らない「ラマダン」の真実 日没後に無料で食事が振る舞われる深い理由

    あなたの知らない「ラマダン」の真実 日没後に無料で食事が振る舞われる深い理由

    dot.

    5/17

    イスタンブール新空港が開港 トルコへの旅行者が急増する理由

    イスタンブール新空港が開港 トルコへの旅行者が急増する理由

    dot.

    10/28

  • 日本に住むイスラム教徒の苦悩 彼らが信じる日本人の“こころ”を我々は守れるか?

    日本に住むイスラム教徒の苦悩 彼らが信じる日本人の“こころ”を我々は守れるか?

    dot.

    7/28

    ラマダンは日没後の「イフタール」が大事! 東京ジャーミイに潜入

    ラマダンは日没後の「イフタール」が大事! 東京ジャーミイに潜入

    5/17

  • 断食月でも快進撃が止まらない 「大砂嵐」の強烈エルボー

    断食月でも快進撃が止まらない 「大砂嵐」の強烈エルボー

    週刊朝日

    7/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す