風邪には生ショウガ、冷え性には乾燥ショウガがオススメ。意外と知らないショウガの摂り方をお教えします 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

風邪には生ショウガ、冷え性には乾燥ショウガがオススメ。意外と知らないショウガの摂り方をお教えします

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
誰もが認める健康食材「ショウガ」ですが、調理温度で効果・効能が変化します

誰もが認める健康食材「ショウガ」ですが、調理温度で効果・効能が変化します

辛味成分ジンゲロールは加熱・乾燥するとショウガオールに変化

辛味成分ジンゲロールは加熱・乾燥するとショウガオールに変化

乾姜(カンキョウ)は冷え性に効果的

乾姜(カンキョウ)は冷え性に効果的

驚くほど暖かい日もありますが、まだまだ寒い2月。
気温差が激しく体調を崩す方も多いのではないでしょうか。
身体を温め、風邪の引き始めなどに効果があると知られている「ショウガ」ですが、その摂取の仕方で効果が変わるのをご存じでしたか?
食べ方を間違えると、身体を温めるどころか、かえって身体を冷やしてしまうこともあるので注意!です。

万能食材「ショウガ」の効能

ショウガの効能を挙げると…
◎殺菌効果
◎血行促進・冷え性改善
◎胃腸を健康に保つ効果
◎炎症抑制効果
◎抗酸化効果
◎ダイエット効果
数々の効能が挙げられます。
しかし、ただやみくもにショウガを食べればいいのではありません。効果的に摂取する方法をお話します。

加熱すると成分が変化する!

ショウガの代表成分である「ジンゲロール」は、末梢部の血管を拡張させる働きがあります。
一時的に手足を温めてくれるのですが、身体内部の熱を手先や足先の血管に送り出すため、逆に、身体内部の温度を低下させます。
ですから、東洋医学では、生のショウガは生姜(しょうきょう)と呼び、「皮膚や筋肉など身体の表面を発汗により身体に溜まった邪気を追い払う」食材とされています。
では、どうしてショウガが身体を温めるイメージが強いのかと言えば……
「ジンゲロール」は加熱・乾燥すると「ショウガオール」という成分に変化し、この「ショウガオール」が胃や腸の壁を刺激し、血流を高め、身体を内側から温める働きがあるからです。
東洋医学では、乾燥したショウガを乾姜(かんきょう)と呼び、「内臓を温めて冷えの症状を改善する」食材とされています。

風邪には生ショウガ、冷え性には乾燥ショウガ

以上のことをまとめると……
熱を逃がし、発汗作用の高い「生ショウガ」は、風邪の引き始めにオススメです。また、寿司のガリからもご存知のように生のショウガは殺菌作用も高く、風邪の原因であるウィルスにも対抗してくれます。
「ジンゲロール」と「ショウガオール」を簡単に摂取できるのが「乾燥ショウガ」です。
作り方をお教えします♪
①ショウガを皮ごと1〜2mm程度にスライス
②1日天日で干す
鶏がらスープに乾燥ショウガを入れ、ワカメと溶き卵で美味しいスープの出来上がり!
身体が温まりますよ。
── ショウガは体にいい!と思い込んで何も考えずに摂取するのではなく、食材の特徴をしっかり理解して摂取することが大切なんですね。
皆さんも寒い時期こそ、ショウガの効能を試してみてくださいね。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい