小石川後楽園では間もなく梅が満開!その「後楽園」の意味を知っていますか?

2016/02/15 18:30

都心の小石川後楽園では、早咲きの梅はほぼ満開。遅咲きの梅も蕾が膨らみ始めているようです。 その後楽園。東京メトロの駅でもあり知名度も抜群ですが、「後楽園」の意味をご存じですか?東京ドーム、旧後楽園球場のすぐ隣に位置しますが、もちろん小石川後楽園のほうがずっと以前の、江戸時代初期に造られた庭園です。後世に水戸黄門として知られた水戸徳川家の二代目藩主・徳川光圀の思いが込められた庭園の由来を、探ってみましょう。

後楽園の名付け親は? 小石川後楽園は、寛永6年(1629年)に、家康の十一男であり水戸徳川家の祖である徳川頼房が江戸屋敷の庭として造り、後に頼房の息子である光圀の代に完成しました。この庭園を後楽園と名付けたきっかけは、光圀公が招聘した、朱舜水という儒学者の言葉でした。朱舜水は日本人ではなく、明から亡命し帰化した人物です。 明が清によって滅ぼされたのは、1644年。以降、朱舜水のみならず、国姓爺として知られる鄭成功など、明朝復活を願う多くの人物が日本に援軍を頼みに訪れました。しかし鎖国が完成しすでに家光の代となっていた徳川幕府は、その願いを受け入れることはありませんでした。 朱舜水は明の滅亡後約15年間もの間、根拠地浙江省舟山群島から日本・ベトナム間などを放浪し、軍需物質・費用を調達していたとされています。長崎にも4回訪れて援兵を乞うていますが、60歳を越え遂に明の再興を断念し、1659年、長崎で帰化します。
小石川後楽園
小石川後楽園
朱舜水が光圀公に託した「先憂後楽」とは? やんちゃな少年時代を経て『史記』によって学問に目覚めた光圀公は、高名な朱舜水の噂を聞き、三顧の礼で自分の師に迎えます。儒学のみならず貿易・建築・料理や医学など実学に秀でた朱舜水は、民情視察に努めたほか国史『大日本史』編纂に着手した光圀公に、感ずるところがあったようです。 朱舜水はのちに「明は政治腐敗で清の侵略を招いたが、貴方は理想的な統治をすべきだ」というメッセージを光圀公に伝え、激励しています。その朱舜水が庭園の選名としたのが、中国の宋の時代の書物『岳陽楼記』にある「先憂後楽」のキーワードでした。「先憂後楽」とは、「為政者はまさに天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみは後れて楽しむ」を意味します。治政者たる者、心配事は人々に先立って気を配り処置すべきで、楽しいことは先に市民が体験したのちに自分も楽しみなさい、という教えでしょうね。
園内の朱舜水設計による円月橋
園内の朱舜水設計による円月橋
小石川後楽園の梅の満開はいつ頃? こうして命名された「後楽園」はそのコンセプトの通り、早くから江戸庶民に公開されました。いわば、元祖オープンガーデンであったともいえます。人々は喜んで、この美しく整えられた中国式回遊式泉水庭園を楽しんだといいます。庭園はその名の通り、池を中心として随所に中国の名所に見立てた景観スポットを配し、ぐるりと遊歩を楽しめる構成になっています。朱舜水は、この庭園設計にも参加していました。 戦国時代ののちの、平和を尊ぶ徳川の時代の象徴ともいえる小石川後楽園には、沢山の梅が植えられています。光圀公は、自らの号(別称や雅号の意)を「梅里(ばいり)」としたほどの梅マニア。2月上旬の現在、ほぼ満開の早咲きの梅の中には、‘光圀’と名付けられたものもあります。 小石川後楽園 では、平成28年2月11日(木・祝)~3月6日(日)まで、「梅香る庭園へ」と銘打って、演奏会や梅めぐりツアー、狂言の会、植木市など、盛りだくさんのイベントが催されます。遅咲きの梅の満開はまだ先。この間、たっぷりと梅の香りを楽しんではいかがでしょうか。
小石川後楽園内の梅林
小石川後楽園内の梅林

あわせて読みたい

  • 六義園の「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」で、幻想と幽玄の春の夜を楽しもう

    六義園の「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」で、幻想と幽玄の春の夜を楽しもう

    tenki.jp

    3/24

    寒梅や雪ひるがへる花の上—俳句歳時記を楽しむ

    寒梅や雪ひるがへる花の上—俳句歳時記を楽しむ

    tenki.jp

    1/31

  • 観梅シーズン到来!水戸の「偕楽園」「弘道館」で梅まつりへ!〈レジャー特集|2018〉

    観梅シーズン到来!水戸の「偕楽園」「弘道館」で梅まつりへ!〈レジャー特集|2018〉

    tenki.jp

    2/18

    週末の天気とサクラ情報

    週末の天気とサクラ情報

    tenki.jp

    3/26

  • 新しい歌舞伎座 黄門様の木使用

    新しい歌舞伎座 黄門様の木使用

    週刊朝日

    1/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す