「炎昼、片蔭、ひまわり、夕立、雷、短夜」……夏真っ盛り!「ジメ暑」の“8月”を詠んだ詩歌へのいざない 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「炎昼、片蔭、ひまわり、夕立、雷、短夜」……夏真っ盛り!「ジメ暑」の“8月”を詠んだ詩歌へのいざない

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
ロマンティックな夏の花火。あなたはどんな俳句を詠みますか?

ロマンティックな夏の花火。あなたはどんな俳句を詠みますか?

最近はアスファルトの照り返しとか、クーラーの排気とか、もしくは温暖化の余波なのか、おそらくいろいろな原因が重なっているのでしょうが、かつての夏より「暑い」と、皆さんは感じませんか?
特に「ジメ暑(ムシムシして暑い)」と言われる日本の夏は、カラダに深刻なダメージをおよぼしかねない暑さですが、そんな「ジメ暑」をまぎらす工夫は昔も今もいっしょ。
気分によりそう言葉を見つけたら、少しは涼しい心持ちになるかもしれません。

夏の一日

真夏もまだ朝は空気が爽やかです。昼ごろからは、容赦ない炎天下が始まります。
それにぴったりの季語があります。「炎(も)ゆる」または「炎昼」などです。
〈炎昼いま東京中の一時うつ〉 加藤楸邨
〈日盛や所かへたる昼寝犬〉 島村元
昼寝のワンコがうらやましいですね。
ただ、午後3時頃になってくると、いろんなところに影ができ始めます。これを「片蔭」といいます。
〈片陰を拾ひてビルに吸はれたる〉 稲畑汀子
〈書肆街の片蔭つたふ我が家路〉 西島麦南
書肆は本屋のこと。
夏の花といえば、やはりひまわり。誇らしげに咲く姿は夏のシンボルです。
〈海の音ひまはり黒き瞳(め)を開く〉 木下夕爾
〈向日葵の大声で立つ枯れて尚〉 秋元不死男
最近は「ゲリラ豪雨」などという物騒な呼び方もありますが、やはり夕立はほっとするものです。
次の句は小津安二郎の映画「浮草」の名場面を思い出させます。
〈夕立やかみつくやうな鬼瓦〉 小林一茶
〈夕立は貧しき村を洗ひ去る〉 松瀬青々
夕立の時にはしばしば雷が鳴ります。この句に歌われているのは都市的な雷ですね。
〈昇降機しづかに雷(らい)の夜を登る〉 西東三鬼
夏の夜は短い。俳句ではそれを「短夜」と表現します。
〈短夜の明けゆく水の匂かな〉 久保田万太郎
〈短夜の壺の白百合咲き競ひ〉 三橋鷹女

トマトと花火

夏の野菜に感じるこんなポエジーもあります。
夏の野菜といえば、ナス、トマト、きゅうり。その中でもトマトは、がぶりと噛みつくのが醍醐味。
次の句はその肉感的な感じをよくとらえています。
〈くちづけのあとの真っ赤なトマト切る〉 大高翔
そしてこの季節、各地で花火大会が開かれますね。
次の句は恋人の求愛の返事でしょうか。ロマンティクです。
〈街への投網のやうな花火が返事です〉 夏石番矢
〈花火あがるどこか何かに応えゐて〉 細見綾子
〈花火果て銀河に戻る隅田川〉 角川春樹
花火はどういうわけか、遠い記憶を呼び戻します。
やはり日本人にとっては、戦争の記憶と無関係ではないでしょう。
〈戦争と畳の上の団扇かな〉 三橋敏雄
今回は俳句ばかりでしたが、最後に一首。
歌意を深読みしようとしなくとも、言葉の微細な動きが心に残ります。
〈水すまし流にむかひさかのぼる汝(な)がいきおひよ微(かす)かなれども 斎藤茂吉
五・七・五の十七音から成る日本語の定型詩・俳句が生み出す、独特の世界観。
たった十七音ながら暑さがスッと和む「句」に触れるのも、夏ならではの楽しみといえるかもしれません。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい