自販機あるある。硬貨や紙幣を何度投入しても、釣り銭口に戻ってきてしまう不思議

tenki.jp
ギザギザになったフチが特徴の、通称“ギザ十”
拡大写真

ギザギザになったフチが特徴の、通称“ギ...

買い物途中や営業途中に、冷たい飲料を自販機で購入してノドを潤す機会も増える今日この頃。
海外から訪れた観光客がまず驚くのが、いたるところに整然と立ち並ぶ自販機といいます。
すなわち、彼らが目にする自販機の様は、日本の治安のよさの証ともなっているようです。
しかし、私たちが慣れ親しむ自販機には、意外と知られていない機能がたくさんあるんです。
そこで、自販機に硬貨や紙幣を投入しても釣り銭口に戻ってきてしまう、
そんな誰もが経験したことのある、“自販機あるある”について調べてみました。

その500円玉、旧500円玉ではありませんか?

ほとんどの自販機で、旧500円玉が使用できないことをご存じですか。
その理由は、日本の500円玉と酷似した韓国の変造500ウォン硬貨を使った大量の変造硬貨事件が1990年代に続出したことによります。これは、重さを調整したウォン硬貨を自販機に入れ、安価な飲み物等を購入することで、差額の利益を得る犯罪なのですが、同様の被害が全国各地に広がったことを受け、それ以降、500円玉のみならず、すべての硬貨に対する自販機のシステム設定値が強化されることに。

誤検出の理由01/硬貨の汚れ&キズ、形状、製造年

自販機の釣り銭口に硬貨や紙幣が戻ってきてしまう背景には、過去に起きた犯罪によるシステム設定値の強化が理由としてあげられますが、では、どんな硬貨が使えないのでしょう? それは……、
● フチがギザギザになっている通称“ギザ十”の10円玉
● 1982〜99年に製造された旧500円玉などの古い硬貨
これらは、自販機に設定された重さがシステム設定値の範囲外となるため「基本的に返却される」と認識しておいてよいでしょう。
あらかじめ「自販機が認識しない硬貨」を理解しておけば、これからは何度も投入する労力やムダな時間を減らすことができますね。

誤検出の理由02/使い込まれた硬貨&紙幣、一度濡れた紙幣

「ギザ十」や「旧500円玉」でもないのに、釣り銭口に硬貨が戻ってきてしまう場合、その硬貨に汚れやキズがついていないかを確認しましょう。
長い年月にわたって酷使されてきた硬貨は重さがシステム設定値の範囲外となり、返却される場合があるからです。
また、硬貨と同様に、お札を何度入れても戻ってきてしまうことがありますよね。
その際にシワを伸ばしたり、逆向きや裏返したりして、投入を何度も試みる人が多いようですが、硬貨同様に手の脂が付着した紙幣、摩耗・劣化した紙幣も、自販機のシステム設定値外になることがあります。
さらに、紙幣は一度濡れると紙が伸縮する特徴をもっているため、現行千円札の規定サイズ(縦76mm、横150mm)と少しでも異なる場合、システム設定値外として自販機に投入できません。
ちなみに、投入を繰り返している最中に誤って自販機下に硬貨が落ちてしまい、それを拾って投入したら使えた……というエピソードもありますが、これは恐らく地面に落ちた際に微量のホコリや土が硬貨に付着したことで、その重さが変化したことが原因と考えられます。

硬貨&紙幣が戻ってくるときにやっている、根拠のない対処法

飲み物やたばこを購入する際、自販機に硬貨や紙幣を入れても戻ってきてしまうとき、
● 硬貨や紙幣に息を吹きかける ●「頼むぞ!」と念力を送る
●硬貨を手に包み、熱を帯びるまでこする ●汚れを指でこする
●ゆっくり投入する ●チカラを入れて投入する
●紙幣のシワを伸ばす ●紙幣を裏返したり、逆向きに入れる……など、
人々は実にさまざまな工夫を凝らしているよう。
でも、これらはまったく根拠のない対処法。
これからは労力や時間をムダにせず、潔くあきらめて他の硬貨・紙幣を使用することが賢い選択といえますね。
今日ご紹介した以外にも、自販機に投入した硬貨が戻ってきてしまう「ある法則」があるのです。
その法則については、明日の夜ご紹介いたします!

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック