巨人沢村と元日テレ森アナ離婚! 「週刊朝日」取材直後に公表

週刊朝日#離婚
 やっぱり、あの二人は別れていた――。巨人の沢村拓一(ひろかず)投手(25)と元日本テレビアナウンサーの森麻季(まき)さん(32)の離婚情報をキャッチした本誌が4月12日午後、確認のため読売巨人軍広報に質問状を送ると、担当者からこう返答があった。

「明日(13日)まで待っていただけますか」

 本誌が応諾すると、13日朝、スポーツ報知に「沢村離婚」の見出しが躍っているではないか……。同日、読売巨人軍も離婚を認め、「話し合いを重ねた結果、別々の道を歩むこととなりました」などとする二人の連名のコメントを出した。離婚理由はわからないままだ。

 二人の交際がスタートしたのは、沢村投手が中央大4年だった2010年のこと。翌11年12月、都内のホテルで挙式。それからわずか1年半足らずでのスピード離婚となってしまった。周囲の人間は二人の「溝」を感じ取っていたようだ。スポーツ紙記者は言う。

「今年の年明けくらいから、『あの二人ヤバいんだよ』という噂(うわさ)が耳に入ってきました。その後、『本当にヤバい。別居だよ』と噂話が進んでいったんです」

 スポーツ報知によれば、二人は昨年末から離婚協議をし、円満に合意。3月末に離婚届を提出したという。3月といえば、沢村投手も日本代表に選ばれたWBCが開催されていた時期だ。3月12日に東京ドームで行われたオランダ戦には、森さんも足を運び、観戦中の姿が翌日のスポーツ紙に載った。その日、ドームに居合わせた芸能事務所関係者はこう話す。

「この試合で沢村がマウンドに上がると、森さんは祈るような感じで見つめていました。野球選手は体調管理が重要と、沢村の食事には特に気遣っていたようですし、夫婦仲は良好だと思っていたのですが……」

 いったい、どんな心境で夫を見ていたのだろうか。

 森さんは結婚後、日テレを退社し、主婦業に専念していたが、今後はアナウンサー業などで復帰との報道も。一方の沢村投手は、巨人の先発ローテーションの一角を任されている。ある日テレ関係者は、離婚後すぐに公表がなかったことについて、こう話す。

「森側はテレビに復帰したいので、一刻も早く公表したかった。ただ沢村側が、公表すると、オールスターのファン投票に影響が出るのを心配し、嫌がっていたと言われています」

 この点について、読売巨人軍広報に尋ねてみたが、「こちらでは離婚するということしか聞いていない」とのことだった。まだ若い二人。リスタートがうまくいくことを祈りたい。

週刊朝日 2013年4月26日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック