傍聴席から失笑も… 東電元副社長が法廷で驚きの発言を連発 2/2

添田孝史AERA
廃炉に向けた作業が続く東京電力福島第一原発。公判では、2008年に現場から提案された「最大15.7メートル」の津波対策についての判断が争点となった (c)朝日新聞社

廃炉に向けた作業が続く東京電力福島第一原発。公判では、2008年に現場から提案された「最大15.7メートル」の津波対策についての判断が争点となった (c)朝日新聞社(7:00)AERA

記事に戻る