「トリプルアクセルすら跳べない時期あった」 羽生結弦のコロナ禍での葛藤

  • ショートでは、黒い衣装で新たな魅力を見せた。大会参加について、自分や周囲の感染リスクを心配しつつも、「世界選手権への僕自身の希望を繋ぐために出させていただいた」と語った (c)朝日新聞社

    ショートでは、黒い衣装で新たな魅力を見せた。大会参加について、自分や周囲の感染リスクを心配しつつも、「世界選手権への僕自身の希望を繋ぐために出させていただいた」と語った (c)朝日新聞社

  • エキシビションでは、松任谷由実の名曲「春よ、来い」のピアノに合わせ優雅に舞った。フィナーレでは紀平梨花と一緒に片手側転を決めるシーンも (c)朝日新聞社

    エキシビションでは、松任谷由実の名曲「春よ、来い」のピアノに合わせ優雅に舞った。フィナーレでは紀平梨花と一緒に片手側転を決めるシーンも (c)朝日新聞社

  • 関連記事

    • 「心を大切にしてもいいんじゃないか」プロ転向の羽生結弦、競技生活で背負ってきた“重荷”

      「心を大切にしてもいいんじゃないか」プロ転向の羽生結弦、競技生活で背負ってきた“重荷”

    • 羽生結弦「もう少しだけ、この子たちの力を」 突然の曲変更への思い明かす

      羽生結弦「もう少しだけ、この子たちの力を」 突然の曲変更への思い明かす

    • キャリアの「重要時期」失った羽生結弦、そんな中でも垣間見えた“他人への配慮”

      キャリアの「重要時期」失った羽生結弦、そんな中でも垣間見えた“他人への配慮”

    記事本文に戻る
ショートでは、黒い衣装で新たな魅力を見せた。大会参加について、自分や周囲の感染リスクを心配しつつも、「世界選手権への僕自身の希望を繋ぐために出させていただいた」と語った (c)朝日新聞社
エキシビションでは、松任谷由実の名曲「春よ、来い」のピアノに合わせ優雅に舞った。フィナーレでは紀平梨花と一緒に片手側転を決めるシーンも (c)朝日新聞社
関連記事を見る

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す