金融機関ごとに大差。iDeCoの手数料、安いのはどこだ

  • ※2020年9月1日現在。イオン銀行は全国に141店舗あり。ソニー銀行のiDeCo手数料490円は、毎月の掛け金1万円以上かつ引き落とし口座がソニー銀行の場合は171円に優遇。みずほ銀行のiDeCo手数料431円は(1)毎月の掛け金が1万円以上、(2)iDeCo専用サイトでメールアドレス登録、(3)「スマートフォリオDC」で目標金額登録の3条件を満たすと171円になる。りそな銀行のiDeCo手数料「493円以内」は加入して当初2年間は171円、「388円以内」は移換後の当初2年間は66円、「毎月のつみたて金額」は電子交付サービスを利用し、インターネットバンキングから申し込んだ場合。SMBC日興証券のiDeCoは「SMBC個人型プラン(標準コース)」という名称で、各種サービスをジャパン・ペンション・ナビゲーターが三井住友銀行とともに提供

    ※2020年9月1日現在。イオン銀行は全国に141店舗あり。ソニー銀行のiDeCo手数料490円は、毎月の掛け金1万円以上かつ引き落とし口座がソニー銀行の場合は171円に優遇。みずほ銀行のiDeCo手数料431円は(1)毎月の掛け金が1万円以上、(2)iDeCo専用サイトでメールアドレス登録、(3)「スマートフォリオDC」で目標金額登録の3条件を満たすと171円になる。りそな銀行のiDeCo手数料「493円以内」は加入して当初2年間は171円、「388円以内」は移換後の当初2年間は66円、「毎月のつみたて金額」は電子交付サービスを利用し、インターネットバンキングから申し込んだ場合。SMBC日興証券のiDeCoは「SMBC個人型プラン(標準コース)」という名称で、各種サービスをジャパン・ペンション・ナビゲーターが三井住友銀行とともに提供

  • 関連記事

    • 「つみたてNISA」やるならネット証券と銀行のどっちがお得? 徹底比較してみた!

      「つみたてNISA」やるならネット証券と銀行のどっちがお得? 徹底比較してみた!

    • コロナ禍で増えた資産運用デビュー 投資信託初心者の「損した」「儲かった」を大公開

      コロナ禍で増えた資産運用デビュー 投資信託初心者の「損した」「儲かった」を大公開

    • 月5000円で投資信託を「お試し」 安く買える2パターンとは?

      月5000円で投資信託を「お試し」 安く買える2パターンとは?

    写真の記事を読む
※2020年9月1日現在。イオン銀行は全国に141店舗あり。ソニー銀行のiDeCo手数料490円は、毎月の掛け金1万円以上かつ引き落とし口座がソニー銀行の場合は171円に優遇。みずほ銀行のiDeCo手数料431円は(1)毎月の掛け金が1万円以上、(2)iDeCo専用サイトでメールアドレス登録、(3)「スマートフォリオDC」で目標金額登録の3条件を満たすと171円になる。りそな銀行のiDeCo手数料「493円以内」は加入して当初2年間は171円、「388円以内」は移換後の当初2年間は66円、「毎月のつみたて金額」は電子交付サービスを利用し、インターネットバンキングから申し込んだ場合。SMBC日興証券のiDeCoは「SMBC個人型プラン(標準コース)」という名称で、各種サービスをジャパン・ペンション・ナビゲーターが三井住友銀行とともに提供
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • タダで投資! 最新調査でわかった、つみたてNISA、株式投資向けの金融機関は?

    タダで投資! 最新調査でわかった、つみたてNISA、株式投資向けの金融機関は?

    AERA

    5/18

    入門「ファンドラップ」 新規参入「りそな」の戦略は?

    入門「ファンドラップ」 新規参入「りそな」の戦略は?

    週刊朝日

    11/6

  • 大手銀行が富裕層の“コンシェルジュ”化? 資産運用・相続サービス拡充

    大手銀行が富裕層の“コンシェルジュ”化? 資産運用・相続サービス拡充

    週刊朝日

    2/21

    いつまでも米国ナンバーワンか? 「新興国株式」投信の売買ポイント

    いつまでも米国ナンバーワンか? 「新興国株式」投信の売買ポイント

    AERA

    11/20

  • NISA 「店舗」と「ネット」、口座はどちらで開設すべき?

    NISA 「店舗」と「ネット」、口座はどちらで開設すべき?

    dot.

    3/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す