コロナで症状出る人と出ない人の違いは? 帯津医師、免疫力に注目

  • 帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

    帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • 免疫学の大家だった安保徹さん (c)朝日新聞社

    免疫学の大家だった安保徹さん (c)朝日新聞社

  • 関連記事

    •  室井佑月「ひるおび!」突然の降板の真相 GoTo批判が影響も?

      室井佑月「ひるおび!」突然の降板の真相 GoTo批判が影響も?

    • 濡れた手で「アルコール消毒」してはいけない

      濡れた手で「アルコール消毒」してはいけない

    • 室井佑月「あの尾身さんが」

      室井佑月「あの尾身さんが」

    写真の記事を読む
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある
免疫学の大家だった安保徹さん (c)朝日新聞社
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • インフルエンザにかかりやすい人ってどんな人?〈免疫力〉について考えよう

    インフルエンザにかかりやすい人ってどんな人?〈免疫力〉について考えよう

    tenki.jp

    1/27

    BCG接種は心の中の「お守り」に 帯津医師が過去の試みを振り返る
    筆者の顔写真

    帯津良一

    BCG接種は心の中の「お守り」に 帯津医師が過去の試みを振り返る

    週刊朝日

    5/4

  • 開発進むコロナワクチンに重症化懸念 次の一手は「水際でブロック」日本発の新技術

    開発進むコロナワクチンに重症化懸念 次の一手は「水際でブロック」日本発の新技術

    AERA

    5/12

    新型コロナにBCG効く背景に「訓練免疫」という新発見 「根拠不十分」でも大きな可能性

    新型コロナにBCG効く背景に「訓練免疫」という新発見 「根拠不十分」でも大きな可能性

    AERA

    5/15

  • 「免疫力」アップの食べ物は「キャベツ」 医師がすすめる理由とは?

    「免疫力」アップの食べ物は「キャベツ」 医師がすすめる理由とは?

    週刊朝日

    8/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す