写真・図版 | 海外で10万円以上が当たり前の鮨が日本だと半額 外国人観光客が予約困難店を目指す理由〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

海外で10万円以上が当たり前の鮨が日本だと半額 外国人観光客が予約困難店を目指す理由 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
中原一歩AERA#グルメ

銀座てんぷら 近藤/中央区。小説家・池波正太郎など稀代の食通に愛された日本料理界の重鎮。72歳になった今でも朝5時に起きて市場を巡り、自分の目で良質な品物だけを選別する。プロの料理人はもちろん、近藤さんに会うことが目的で日本にやってくる外国人も多い(撮影/写真部・東川哲也)

銀座てんぷら 近藤/中央区。小説家・池波正太郎など稀代の食通に愛された日本料理界の重鎮。72歳になった今でも朝5時に起きて市場を巡り、自分の目で良質な品物だけを選別する。プロの料理人はもちろん、近藤さんに会うことが目的で日本にやってくる外国人も多い(撮影/写真部・東川哲也)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい