尾上菊之助「歌舞伎役者の心」を明かす 『国宝』吉田修一との対談で

  • (左から)尾上菊之助(おのえ・きくのすけ)1977年生まれ。現在は、TBS系ドラマ「グランメゾン東京」に主人公のライバルシェフとしてレギュラー出演するほか、新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」(宮崎駿原作)が新橋演舞場で上演中/吉田修一(よしだ・しゅういち)1968年生まれ。2002年「パーク・ライフ」で芥川賞。『パレード』(山本周五郎賞)、『悪人』(大佛次郎賞、毎日出版文化賞)、『横道世之介』(柴田錬三郎賞)、近著に『逃亡小説集』(撮影/写真部・東川哲也)

    (左から)尾上菊之助(おのえ・きくのすけ)1977年生まれ。現在は、TBS系ドラマ「グランメゾン東京」に主人公のライバルシェフとしてレギュラー出演するほか、新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」(宮崎駿原作)が新橋演舞場で上演中
    /吉田修一(よしだ・しゅういち)1968年生まれ。2002年「パーク・ライフ」で芥川賞。『パレード』(山本周五郎賞)、『悪人』(大佛次郎賞、毎日出版文化賞)、『横道世之介』(柴田錬三郎賞)、近著に『逃亡小説集』
    (撮影/写真部・東川哲也)

  • 尾上菊之助さん (撮影/写真部・東川哲也)

    尾上菊之助さん (撮影/写真部・東川哲也)

  • 尾上菊之助さん(左)と吉田修一さん (撮影/写真部・東川哲也)

    尾上菊之助さん(左)と吉田修一さん (撮影/写真部・東川哲也)

  • 関連記事

    • 尾上菊之助が吉田修一の『国宝』を朗読 「喜久雄の人生をともに歩んだ」

      尾上菊之助が吉田修一の『国宝』を朗読 「喜久雄の人生をともに歩んだ」

    • 尾上菊之助による『国宝』の朗読に作者の吉田修一「これはちょっとした事件」

      尾上菊之助による『国宝』の朗読に作者の吉田修一「これはちょっとした事件」

    • 芥川賞作家が黒衣として歌舞伎界の裏側を見た 吉田修一の「国宝」

      芥川賞作家が黒衣として歌舞伎界の裏側を見た 吉田修一の「国宝」

    写真の記事を読む
(左から)尾上菊之助(おのえ・きくのすけ)1977年生まれ。現在は、TBS系ドラマ「グランメゾン東京」に主人公のライバルシェフとしてレギュラー出演するほか、新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」(宮崎駿原作)が新橋演舞場で上演中/吉田修一(よしだ・しゅういち)1968年生まれ。2002年「パーク・ライフ」で芥川賞。『パレード』(山本周五郎賞)、『悪人』(大佛次郎賞、毎日出版文化賞)、『横道世之介』(柴田錬三郎賞)、近著に『逃亡小説集』(撮影/写真部・東川哲也)
尾上菊之助さん (撮影/写真部・東川哲也)
尾上菊之助さん(左)と吉田修一さん (撮影/写真部・東川哲也)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 尾上松也「モヤモヤしたものを抱えてた」内緒でオーディション受けたことも

    尾上松也「モヤモヤしたものを抱えてた」内緒でオーディション受けたことも

    週刊朝日

    6/2

    尾上松也 高校時代悔しさを友人・城田優と共有…

    尾上松也 高校時代悔しさを友人・城田優と共有…

    週刊朝日

    6/2

  • 「80歳で弁慶をやってあの世に」歌舞伎俳優・中村吉右衛門さん 77歳で亡くなる前に明かした

    「80歳で弁慶をやってあの世に」歌舞伎俳優・中村吉右衛門さん 77歳で亡くなる前に明かした"夢” 

    週刊朝日

    12/1

    黒衣になった芥川賞作家が見た歌舞伎の裏側 印象深かった梨園の妻の存在感とは?

    黒衣になった芥川賞作家が見た歌舞伎の裏側 印象深かった梨園の妻の存在感とは?

    dot.

    9/7

  • 尾上松也が「嫉妬させたい」相手とは?

    尾上松也が「嫉妬させたい」相手とは?

    週刊朝日

    1/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す