写真・図版 | 親が血眼になって子の“楽器”探す…小川洋子の新作が想起させる出来事〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

親が血眼になって子の“楽器”探す…小川洋子の新作が想起させる出来事 

河合真美江AERA#読書

『小箱』(1500円+税/朝日新聞出版)/ガラスの小箱のなか、亡くなった子どもたちの魂は成長し続ける。慈しみ悼む人たちに死者が届けてくれる幸せ(撮影/写真部・張溢文)

『小箱』(1500円+税/朝日新聞出版)/ガラスの小箱のなか、亡くなった子どもたちの魂は成長し続ける。慈しみ悼む人たちに死者が届けてくれる幸せ(撮影/写真部・張溢文)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい