写真・図版 | 内田樹「『働き方改革法案』が『地方移住の決定打だった』と回顧される日が来るだろう」〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

内田樹「『働き方改革法案』が『地方移住の決定打だった』と回顧される日が来るだろう」 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
内田樹AERA#働き方#内田樹

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加