AERA dot. 5th anniversary

「中原中也賞」詩人が読み解く「モヤモヤ」な気持ちとは? 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
文月悠光dot.#女子

文月悠光(ふづき・ゆみ)/1991年北海道生まれ。早稲田大学卒業。詩人。中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年時に発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。詩集のほか、エッセイ集『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、書評の執筆など広く活動中(撮影者/キムラタカヒロ)

文月悠光(ふづき・ゆみ)/1991年北海道生まれ。早稲田大学卒業。詩人。中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年時に発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。詩集のほか、エッセイ集『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、書評の執筆など広く活動中(撮影者/キムラタカヒロ)


このエントリーをはてなブックマークに追加