写真・図版 | 踏切「救出死」で英雄視とバッシング 遺族が語る現実〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

踏切「救出死」で英雄視とバッシング 遺族が語る現実 

AERA

事故現場となった横浜市の踏切。警報音が鳴る中、村田さんは男性の救助に向かった。電車が来るまでわずか7秒だった (c)朝日新聞社 @@写禁

事故現場となった横浜市の踏切。警報音が鳴る中、村田さんは男性の救助に向かった。電車が来るまでわずか7秒だった (c)朝日新聞社 

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい