海上保安庁の精鋭、特殊救難隊の訓練の様子

 海難救助のスペシャリストと知られる海上保安庁特殊救難隊。彼らは立ち向かうのは火災を起こした毒劇物を積載した貨物船、荒天下で座礁した船の乗組員の救助など、もっとも困難な現場。そのため、日ごろから厳しい訓練を繰り返す。そんな特殊救難隊員の姿を追った写真家・米田堅持さんの作品を紹介します。

【関連記事】
海上保安庁「海猿」の精鋭たちを追った写真家・米田堅持 37人しかいない“海のエリート”たち

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す