自宅や職場など、女性たちの日常の姿を自然に写しとった作品

 写真家・村上賀子さんは10年ほど前から周囲の友人たちにお願いして自宅や職場など、日常を過ごす場所で自然な姿を写してきました。「女性は、家庭にいるもの、という考え方が変わってきた思う半面、自分を育ててくれた世代は、前の時代の価値観に生きている。そんななかで暮らしてきたから、彼らの価値観がすごく自分に内面化されている。そう思うことが非常にあるんです」と村上さんは言います。「自分もそうだし、まわりの女の人を見ていてもそう。そんな葛藤みたいなものを感じている世代かな、と思うんです」。

【関連記事】
「女は見られている自分自身を見る」葛藤を感じる同世代の女性を撮る写真家・村上賀子

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す