ラマダンは日没後の「イフタール」が大事! 東京ジャーミイに潜入|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラマダンは日没後の「イフタール」が大事! 東京ジャーミイに潜入

このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月6日から始まった、イスラム暦におけるラマダン月。およそ1カ月、日が出ている間はいっさいの飲食を断つが、夜になると、モスクや職場や各家庭、あるいは路上などで開かれる「イフタール」というものをご存じだろうか。東京ジャーミイで行われている「イフタール」の様子を写真で紹介する。

【関連記事】
あなたの知らない「ラマダン」の真実 日没後に無料で食事が振る舞われる深い理由

◎イフタールの予約、見学ツアーの案内などは下記から
https://tokyocamii.org/ja/

取材・写真=室橋裕和


あわせて読みたい あわせて読みたい