フォトギャラリー - 写真・図版 | 【写真特集】トランプ時代に文学が刻む危機感|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【写真特集】トランプ時代に文学が刻む危機感

このエントリーをはてなブックマークに追加

『To Kill the President』サム・ボーン著、2017/7/4出版 フィクション。米国建国当時のように白人男性が全ての頂点に立つ社会を国民は望んでいる。そう語る独善的な大統領と首席戦略官の政権運営を描く政治小説。まさにトランプ政権そのもので、著者の危機感がにじむ。邦訳版は未定

『To Kill the President』
サム・ボーン著、2017/7/4出版 フィクション。米国建国当時のように白人男性が全ての頂点に立つ社会を国民は望んでいる。そう語る独善的な大統領と首席戦略官の政権運営を描く政治小説。まさにトランプ政権そのもので、著者の危機感がにじむ。邦訳版は未定



関連記事関連記事