【全国一覧】地震本部算出 今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

確度の高い地震発生の予測は極めて難しいとされるなか、政府の地震調査研究推進本部は、今後30年以内に「震度6弱」以上の揺れが起きる確率を示す「全国地震動予測地図」を公表している。2018年版は今年6月26日に発表。発生確率は2018年1月1日時点の評価に基づいている。

北海道地方 / 東北地方 / 関東地方 / 中部地方 / 近畿地方 / 中国・四国地方 / 九州地方

【関連記事】
今後30年で震度6弱以上"驚愕"の確率、根室78%、千葉85%、横浜82%、高知75% 地震本部データ

あわせて読みたい

  • 今後30年で震度6弱以上“驚愕”の確率、根室78%、千葉85%、横浜82%、高知75% 地震本部データ

    今後30年で震度6弱以上“驚愕”の確率、根室78%、千葉85%、横浜82%、高知75% 地震本部データ

    dot.

    9/6

    「政府の地震予測を信じるな」専門家が問題提起 大阪、熊本と想定外のエリアで続く大地震 

    「政府の地震予測を信じるな」専門家が問題提起 大阪、熊本と想定外のエリアで続く大地震 

    AERA

    6/19

  • 次は南海トラフではない? 「隠された地震」の怖さ 2019年に危ないのはのはどこか

    次は南海トラフではない? 「隠された地震」の怖さ 2019年に危ないのはのはどこか

    dot.

    1/1

    地震の活動期に入った日本 2018年に危ないのはどこか?

    地震の活動期に入った日本 2018年に危ないのはどこか?

    dot.

    1/2

  • 【独自調査】今後30年間で震度6弱以上の地震発生確率が高い地域

    【独自調査】今後30年間で震度6弱以上の地震発生確率が高い地域

    6/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す