【全国一覧】地震本部算出 今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【全国一覧】地震本部算出 今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

このエントリーをはてなブックマークに追加

確度の高い地震発生の予測は極めて難しいとされるなか、政府の地震調査研究推進本部は、今後30年以内に「震度6弱」以上の揺れが起きる確率を示す「全国地震動予測地図」を公表している。2018年版は今年6月26日に発表。発生確率は2018年1月1日時点の評価に基づいている。

北海道地方 / 東北地方 / 関東地方 / 中部地方 / 近畿地方 / 中国・四国地方 / 九州地方

【関連記事】
今後30年で震度6弱以上"驚愕"の確率、根室78%、千葉85%、横浜82%、高知75% 地震本部データ