文豪が愛でた鰻|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

文豪が愛でた鰻

このエントリーをはてなブックマークに追加

鰻について触れた文芸作品は数多い。最も古いのは万葉集で、大伴家持が詠んだ。近代日本の文豪も、贔屓の店を作品に登場させている。彼らが愛でた鰻店を紹介する!
※価格は全て税込み

【関連記事】
太宰、谷崎、夏目…文豪たちが愛でた鰻店5店

撮影/東川哲也、堀内慶太郎(写真部)、大嶋千尋 取材・文/菊地武顕(本誌)

週刊朝日 2016年7月29日号