「週刊朝日」に見る€戦中戦後の雑誌広告

人びとの価値観や欲望、生き方を表現に取り込むのが広告だ。

その変化を追えば、社会の変遷が浮かび上がる。

戦中戦後の「週刊朝日」に掲載された広告からは、あの時代の空気が漂ってくる。

 

【関連記事】

広告というよりもプロパガンダ 「週刊朝日」に見る戦中戦後の雑誌広告

 

撮影/岸本絢、構成/鮎川哲也(本誌)

週刊朝日 2015年11月20日号

あわせて読みたい

  • 広告というよりもプロパガンダ 「週刊朝日」に見る戦中戦後の雑誌広告

    広告というよりもプロパガンダ 「週刊朝日」に見る戦中戦後の雑誌広告

    週刊朝日

    11/17

    第7回 敗戦直後の新聞 ―私も配達を経験

    第7回 敗戦直後の新聞 ―私も配達を経験

    週刊朝日

    9/2

  • 7月19日は幻化忌。戦後文学の代表者、梅崎春生の面白さを再発見

    7月19日は幻化忌。戦後文学の代表者、梅崎春生の面白さを再発見

    tenki.jp

    7/19

    差別と偏見が助長する愚かさ…深緑野分の新作に現代の日本を見る

    差別と偏見が助長する愚かさ…深緑野分の新作に現代の日本を見る

    週刊朝日

    10/28

  • 「五輪渋滞」で思い出される 築地市場を走った鮮魚貨物列車

    「五輪渋滞」で思い出される 築地市場を走った鮮魚貨物列車

    dot.

    7/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す