フォトギャラリー - 写真・図版 | AERA「U25」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AERA「U25」

このエントリーをはてなブックマークに追加

被災地に現れた教育界の

被災地に現れた教育界の"ルーキー" 学習・居場所支援団体「TEDIC」代表
門馬優
1989年3月1日生まれ

 あの日、生まれ故郷の宮城県石巻市を大津波が襲った。早稲田大学の法学部4年生だった門馬優は、卒業証書を受け取った足で石巻に向かった。変わり果てた故郷。「なんとかしたい」と強く思った。
 避難所でボランティア活動に奔走し、2011年5月、子どもの学習を助ける団体「TEDIC」を一人で立ち上げた。学生を集めて仮設住宅や公民館に出向き、児童・生徒に無償で勉強を教え、身近な話し相手として相談に乗る。
 教育者を志していたので、卒業後は早大大学院の教職研究科に進んだ。平日は東京、土日は石巻。忙しいが、「担うべき役が回ってきた」という思いが先に立ち、苦にならなかった。 写真:時津 剛 ライター:小野美由紀