バウハウス建築を訪ねる ドイツ・デッサウ|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

バウハウス建築を訪ねる ドイツ・デッサウ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァルター・グロピウスが1919 年にワイマールに創設したバウハウス造形芸術学校は、1924年にデッサウに移転。以降1933年にベルリンに移るまで、現在も残るバウハウス校舎群でユニークな総合芸術の教育が繰り広げられた。画家のパウル・クレーやワシリー・カンディンスキー、工業デザインのマルセル・ブロイヤー、建築家のミース・ファン・デル・ローエといった、現在の我々もよく知り、その作品を日常に見ることができる芸術家たちが教授として、この校舎で教鞭をとり、この街を歩いていた。

ドイツはその後、ナチスが政権の座につき、第二次世界大戦へ。そして敗戦後、デッサウは東ドイツに組み込まれ、この街の輝かしい歴史は忘れ去られていたこともあった。ドイツが再統一され、1996年にバウハウスの関連遺産群が世界文化遺産に登録されたことで、再び光を当てられたこの街、デッサウ。秋の好日、バウハウス関連建築のいまの姿をお届けします(撮影は2012年秋)

 

【関連記事】

私たちの暮らし、生き方にヒントを与えてくれる宝庫ミサワバウハウスコレクション

複雑な時代こそ、強くしなやかに!新年の自分軸をバウハウス人に学べ!

 


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい