フォトギャラリー - 写真・図版 | AERA「ニッポンの課長」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AERA「ニッポンの課長」

このエントリーをはてなブックマークに追加

東レ
「強くて軽い、黒い糸」
東レ 複合材料研究所 主任研究員 伊勢昌史(44)
 入社した1995年、炭素繊維は社内でもまだ日陰の存在だった。研究は60年頃から始まっていたが、まだ小さな“つぼみ”でしかなかった。翻って現在。東レが世界シェアの5割以上を握る高性能炭素繊維は、ボーイングの新鋭機「787」の構造材に採用されるなど、脚光を浴びている。
 鉄と比べて10倍の強度なのに、重さは4分の1。強くて軽く、耐久性にも優れる。ならば、誰もがこう考えるだろう。世の中の鉄製品を炭素繊維にすればいい──。自動車はもっと丈夫になるし、燃費も良くなる。実際、787の燃費は炭素繊維を使うことで2割向上した。
 しかし、話はそう単純ではない。
 一般的な国産中型車を炭素繊維でつくった場合、価格は1千万円を超える。コストの壁は、高い。質を向上させながら、どう普及させるか。複合材料研究所の主任研究員、伊勢昌史の仕事は、そんな素材を身近にさせるためにある。
「炭素繊維は、アクリル溶液を細い糸に加工することから始まります。さらに炉で焼き、樹脂とともに成形していきます。鉄鋼などと比べ、工程が長い」
 コストを下げるには、質を落とさずに工程を見直す必要があるのだが、これがカンタンではない。なぜなら、炭素繊維の分子構造は複雑で不規則。伊勢は言う。
「入社後、炭素繊維の世界をつかめるようになるまで、3年かかりました」
 いまの役職になってからは、部下から上がってくるデータを読み解き、普及に向けて方策を練るのが、仕事の中心だ。その日々の仕事が実を結ぶ日は、はるか遠い。
「787用に製品をつくったときも、開発から初飛行まで10年余りかかりましたから」
 仕事場にあるのは、そんな長い長い、道のりなのだ。(文中敬称略)
写真:写真部・外山俊樹 文:編集部:岡本俊浩

東レ
「強くて軽い、黒い糸」

東レ 複合材料研究所 主任研究員 伊勢昌史(44)  入社した1995年、炭素繊維は社内でもまだ日陰の存在だった。研究は60年頃から始まっていたが、まだ小さな“つぼみ”でしかなかった。翻って現在。東レが世界シェアの5割以上を握る高性能炭素繊維は、ボーイングの新鋭機「787」の構造材に採用されるなど、脚光を浴びている。
 鉄と比べて10倍の強度なのに、重さは4分の1。強くて軽く、耐久性にも優れる。ならば、誰もがこう考えるだろう。世の中の鉄製品を炭素繊維にすればいい──。自動車はもっと丈夫になるし、燃費も良くなる。実際、787の燃費は炭素繊維を使うことで2割向上した。
 しかし、話はそう単純ではない。
 一般的な国産中型車を炭素繊維でつくった場合、価格は1千万円を超える。コストの壁は、高い。質を向上させながら、どう普及させるか。複合材料研究所の主任研究員、伊勢昌史の仕事は、そんな素材を身近にさせるためにある。
「炭素繊維は、アクリル溶液を細い糸に加工することから始まります。さらに炉で焼き、樹脂とともに成形していきます。鉄鋼などと比べ、工程が長い」
 コストを下げるには、質を落とさずに工程を見直す必要があるのだが、これがカンタンではない。なぜなら、炭素繊維の分子構造は複雑で不規則。伊勢は言う。
「入社後、炭素繊維の世界をつかめるようになるまで、3年かかりました」
 いまの役職になってからは、部下から上がってくるデータを読み解き、普及に向けて方策を練るのが、仕事の中心だ。その日々の仕事が実を結ぶ日は、はるか遠い。
「787用に製品をつくったときも、開発から初飛行まで10年余りかかりましたから」
 仕事場にあるのは、そんな長い長い、道のりなのだ。(文中敬称略) 写真:写真部・外山俊樹 文:編集部:岡本俊浩



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい