「認知症かも」と思ったら「シニアの発達障害」だった…定年後に症状が悪化する理由も総力取材!週刊朝日2/1発売

値上がりする水道料金/「3密回避」効かないオミクロン株/「にしたん」社長インタビュー/テレビに出ない芸人/表紙は山下美月/2月1日発売

2022/01/31 11:48

 今週の「週刊朝日」の巻頭特集は、「シニアの発達障害」。「認知症かも」と思って医師の診断を受けたら、発達障害と診断された……そんなケースが少なからずあるようです。幼少期に出るものというイメージが強い発達障害ですが、実は、シニアになってから発覚することも。認知症の初期症状と共通する部分が多く、臨床の場でも混乱の声が聞かれます。それぞれ何がどう違うのか、実例や医師らの声をもとにひもときました。その他、近い将来予測される水道料金の値上がり率の「全国市町村ランキング」、混迷する政府のオミクロン株対策への専門家からの新提言、CMが話題の「にしたんクリニック」の運営会社社長が語るヒットの秘訣、「テレビで会えない芸人」として知られる松元ヒロさんインタビューなど、充実のラインナップでお届けいたします。表紙は乃木坂46の山下美月さんです。

あわせて読みたい

  • 【写真特集】発達障害のCM「見えない障害と生きる。」に共感広がる

    【写真特集】発達障害のCM「見えない障害と生きる。」に共感広がる

    7/11

    シニアの発達障害 会社をやめ、状態が不安定になるケースも

    シニアの発達障害 会社をやめ、状態が不安定になるケースも

    週刊朝日

    2/3

  • 認知症の母親「娘がコロナ感染」で元気になった! ショック療法?
    筆者の顔写真

    下重暁子

    認知症の母親「娘がコロナ感染」で元気になった! ショック療法?

    週刊朝日

    3/4

    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    dot.

    1/2

  • 「嫌いな人間ならひとは笑わない」 芸人・松元ヒロに聞くコントの醍醐味

    「嫌いな人間ならひとは笑わない」 芸人・松元ヒロに聞くコントの醍醐味

    週刊朝日

    2/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す