• 特集
  • 甲子園HEROES2022【動画アリ】

甲子園HEROES2022【動画アリ】

第104回全国高等学校野球選手権大会 の特集ページ。数多くの名勝負が繰り広げられた「高校野球の聖地」で、今年はどんなドラマが生まれるのか。1回戦から決勝戦まで、最新のニュースや関連記事、動画をまとめた。

  • 「全員野球」で栄冠つかむ 夏の甲子園で仙台育英が東北勢初の優勝を果たした理由

    「全員野球」で栄冠つかむ 夏の甲子園で仙台育英が東北勢初の優勝を果たした理由

     第104回全国高校野球選手権大会は仙台育英が東北勢初の全国制覇を飾った。「青春って、すごく密なので」と、初優勝を決めた直後の仙台育英・須江航監督のインタビューも反響を呼んだ。AERA 2022年9月

    AERA

    8/30

  • 【甲子園HEROES 2022】写真で振り返る決勝(8月22日)

    【甲子園HEROES 2022】写真で振り返る決勝(8月22日)

     第104回全国高等学校野球選手権大会。数多くの名勝負が繰り広げられた「高校野球の聖地」で、今年はどんなドラマが生まれたのか。8月22日に行われた決勝を振り返る。■下関国際(山口)1-8 仙台育英(宮

    dot.

    8/25

  • 高松商・浅野、大阪桐蔭・松尾が“必要”なのは? 甲子園出場のドラフト候補、狙うべき球団【野手編】

    高松商・浅野、大阪桐蔭・松尾が“必要”なのは? 甲子園出場のドラフト候補、狙うべき球団【野手編】

     仙台育英の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。ドラフト候補という意味では浅野翔吾(高松商・外野手)、松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)、山田陽翔(近江・投手)などが注目を集めた。今後はプロ志望の選手をどの球団が狙

    dot.

    8/24

  • 「甲子園優勝投手は大成しない」は本当か 過去の優勝投手・約200人を分析

    「甲子園優勝投手は大成しない」は本当か 過去の優勝投手・約200人を分析

     8月13日、藤浪晋太郎(大阪桐蔭→阪神)と小笠原慎之介(東海大相模→中日)の甲子園優勝投手同士が投げ合った。そこで感じたのが「甲子園優勝投手は大成しない」というジンクスだ。過去に

    dot.

    8/24

  • 近江・山田が合うのは巨人と阪神? 甲子園出場のドラフト候補、狙うべき球団【投手編】

    近江・山田が合うのは巨人と阪神? 甲子園出場のドラフト候補、狙うべき球団【投手編】

     仙台育英の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。ドラフト候補という意味では浅野翔吾(高松商・外野手)、松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)、山田陽翔(近江・投手)などが注目を集めた。今後はプロ志望の選手をどの球団が狙

    dot.

    8/23

  • 仙台育英が東北勢初V 須江監督が語った「大阪桐蔭へ感謝の思い」に大きな反響

    仙台育英が東北勢初V 須江監督が語った「大阪桐蔭へ感謝の思い」に大きな反響

     深紅の大優勝旗が、初めて東北の地に降り立つ。全国高校野球選手権の決勝戦が8月22日にあり、仙台育英が下関国際を8-1で破り、東北勢初となる全国制覇を果たした。 1915年の第1回大会で秋田中が京都二

    dot.

    8/23

  • 【甲子園HEROES 2022】写真で振り返る準決勝(8月20日)

    【甲子園HEROES 2022】写真で振り返る準決勝(8月20日)

     第104回全国高等学校野球選手権大会。数多くの名勝負が繰り広げられた「高校野球の聖地」で、今年はどんなドラマが生まれたのか。8月20日に行われた準決勝を振り返る。■聖光学院(福島)4-18 仙台育英

    dot.

    8/22

  • 大阪桐蔭は打者だけじゃない! “絶対王者”になる前も意外と多いプロ入りの投手

    大阪桐蔭は打者だけじゃない! “絶対王者”になる前も意外と多いプロ入りの投手

     今夏、通算3度目の春夏連覇は逃したものの、しっかりと強さも見せた大阪桐蔭。毎年のように強力打線を売りにしているが、その一方で、歴代エースたちも、現在の校名になった初年度(1988年)のエース・今中慎

    dot.

    8/21

  • 最速151キロの大型投手も! 今年の“甲子園未出場組”、ドラフト候補の逸材たち

    最速151キロの大型投手も! 今年の“甲子園未出場組”、ドラフト候補の逸材たち

     いよいよ夏の甲子園も大詰めの時期となった。ドラフト候補としては3本のホームランを放った浅野翔吾(高松商)を筆頭に、強肩強打の捕手である松尾汐恩(大阪桐蔭)、準々決勝までの4試合中3試合で二桁奪三振を

    dot.

    8/20

  • 【甲子園HEROES 2022】写真で振り返る準々決勝(8月18日)

    【甲子園HEROES 2022】写真で振り返る準々決勝(8月18日)

     第104回全国高等学校野球選手権大会。数多くの名勝負が繰り広げられた「高校野球の聖地」で、今年はどんなドラマが生まれたのか。8月18日に行われた準々決勝を振り返る。■愛工大名電(愛知)2-6 仙台育

    dot.

    8/20

1 2 3 4

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す