書評『宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧』柳田由紀子 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧 柳田由紀子

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中有書評#話題の新刊

 半世紀前、欧米で禅を説いた日本人僧侶の軌跡が、ロードムービーばりの一冊となった。禅師乙川弘文はアメリカ西海岸で禅堂を開き、無名時代のスティーブ・ジョブズも彼を師と仰ぐ。一方で欧米の女性と結婚・離婚を重ね、スイスで客死。その足跡を、日本や在米、在欧の関係者ら約30人の談話で構成している。

 弘文の自然体で受容的なスタイルに、今なお心酔しきった弟子は多い。その半面、有髪、妻帯、過度の飲酒のある破戒僧でもあり、没後20年近く経つ今も遺族は憎しみを隠さない。一筋縄ではいかないモテ僧像が、次第に立ち現れてくる。

 読み進めば、ヒッピー文化が禅を歓迎した当時の社会情勢からワールドワイドな布教の道筋、禅の哲学までもがすんなりと頭に入る。アップル製品好きにも、座禅を始めたい向きにも、示唆に富んだ重厚なノンフィクション。
(田中有)

週刊朝日  2020年10月30日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい