海洋プラスチック 永遠のごみの行方

話題の新刊

2020/08/07 13:17

 1年間に800万トンものプラスチックごみが海に流れ込んでいるが、うち99%は行方がわからなくなっているという。一方、レジ袋がプラスチックごみ全体に占める割合は1・7%。これを少ないと見るか多いと見るか。マイバッグを持ち歩くことに意味はあるのか──。そんなモヤモヤ感を振り払うとっかかりを与えてくれる本だ。

あわせて読みたい

  • レジ袋の有料化が、プラスチックごみの削減にならない理由

    レジ袋の有料化が、プラスチックごみの削減にならない理由

    ダイヤモンド・オンライン

    7/6

    レジ袋有料化、先行実施の富山県では受け取らない人が9割以上

    レジ袋有料化、先行実施の富山県では受け取らない人が9割以上

    AERA

    7/27

  • カンニング竹山 SDGsって、なんなんだ?
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    カンニング竹山 SDGsって、なんなんだ?

    dot.

    3/24

    あなたは既にエコバック派?有料化してもレジ袋派?

    あなたは既にエコバック派?有料化してもレジ袋派?

    tenki.jp

    3/21

  • 「レジ袋を買って複数回使うほうがエコ」専門家が指摘 実はエコバッグ使用で環境負荷に

    「レジ袋を買って複数回使うほうがエコ」専門家が指摘 実はエコバッグ使用で環境負荷に

    AERA

    6/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す