書評『言葉の温度』イ・ギジュ著/米津篤八訳 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

言葉の温度 イ・ギジュ著/米津篤八訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
平山瑞穂書評#話題の新刊

言葉の温度

イ・ギジュ,米津 篤八

space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 東方神起のチャンミンの愛読書として知られる『言葉の品格』の姉妹書だが、韓国本国ではこちらが先にベストセラーになった。新聞記者を経て作家になった著者が、言葉への信頼に満ちた思いを綴ったエッセイ集。

 活字中毒を自称する著者だが、文字のみならず言葉そのものへの鋭敏な感覚が随所に溢れている。電車の中でふと耳にした見知らぬ人たちの会話、ふと立ち寄ったタイヤ専門店のエンジニアがもらしたひとことなどから、縦横無尽に思索をめぐらせ、思わず膝を打ちたくなる真理に気づかせてくれる。時には言葉の不在こそが意味を持つという指摘にも頷かされる。

 日韓関係がこじれる中、「そして父になる」など日本映画への言及も多い本書を読むと、諍いの愚かしさに思いを致さずにはいられなくなる。(平山瑞穂)

週刊朝日  2020年3月6日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい