書評『ヒトは120歳まで生きられるのか 生命科学の最前線』田原総一朗著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ヒトは120歳まで生きられるのか 生命科学の最前線 田原総一朗著

このエントリーをはてなブックマークに追加
金田千里書評#話題の新刊

 田原総一朗さんの取材によると、アメリカの遺伝子工学の驚異的な進歩により、今後10年ほどで大半の病気が克服され、ヒトの寿命は120歳まで延びるだろうという。

 DNAが持つ遺伝情報の総称であるゲノムの編集により、遺伝子レベルで病気の治療が進めば、がん治療はこれまでの抗がん剤に比べ、格段に簡単になる。また京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞を使った再生医療が成功すれば、病気で苦しんできた人にとっては夢のような治療も実現する。しかし、そうやって延びた寿命はどのように生かせばいいのか。また社会や制度は人生120年時代に対応できるのかと田原さんは問う。

 人工知能の導入でヒトの遺伝子の改変が進みつつある現在。改変はどこまで許されるのか。人類は深刻な問題に直面している。(金田千里)

週刊朝日  2020年2月28日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい