ヒトは120歳まで生きられるのか 生命科学の最前線

話題の新刊

2020/02/21 18:24

 田原総一朗さんの取材によると、アメリカの遺伝子工学の驚異的な進歩により、今後10年ほどで大半の病気が克服され、ヒトの寿命は120歳まで延びるだろうという。

あわせて読みたい

  • 「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    AERA

    9/10

    田原総一朗「守りの経営を壊して第4次産業革命にチャレンジせよ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「守りの経営を壊して第4次産業革命にチャレンジせよ」

    週刊朝日

    2/26

  • DNAの欠陥部分をハサミでカット 「神の領域」に向かうがん治療

    DNAの欠陥部分をハサミでカット 「神の領域」に向かうがん治療

    AERA

    2/7

    田原総一朗「iPS細胞と超高価薬が突きつける『生命の値段』問題」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「iPS細胞と超高価薬が突きつける『生命の値段』問題」

    週刊朝日

    6/21

  • “遺伝子を改変”でがん治療する「CAR-T」 転移したがんにも効果期待

    “遺伝子を改変”でがん治療する「CAR-T」 転移したがんにも効果期待

    AERA

    2/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す